お知らせ
HOME » お知らせ » <02>セミナー » 第83回HL7セミナーのご案内(11月17日開催)

第83回HL7セミナーのご案内(11月17日開催)

日時:

令和4年11月17日(木)15:15~ 17:15(会場受付、Webinarログイン開始 15:00~)

会場:

札幌コンベンションセンター1階・中ホールB及びWebinar形式

主催: 日本HL7協会
司会: 日本HL7協会  情報教育委員会委員長      檀原 一之
テ-マ: 「HL7 FHIR実装事例のご紹介」

 HL7は2019年1月に、FHIRの最初の正式バージョンR4をリリースしました。FHIRは、医療アプリケーション間で情報を交換するための、一貫性のある実装が容易なメカニズムを提供することを目指しています。HL7のV2、V3とRIM、およびCDAの定義および実装を通じて得た教訓、成功を基に、さらなる標準として開発されました。FHIRは、米国のMeaningful Use Stage3でドキュメント交換のための標準として採用され、2019年の1月の米国ISA(Interoperability Standards Advisory、ONC)に採用されています。
 日本国内でも、処方情報、健康診断結果報告書、診療情報提供書、退院時サマリーのHL7 FHIR 記述仕様が厚生労働省標準に採択され、FHIRを実装したシステムの開発が進んでいます。
 本セミナーでは、ホスピタルショウにおけるHL7 FHIR紹介状連携デモ、HL7 FHIRの日本国内における実装事例について紹介していただきます。

プログラム
1. 富士通と電子カルテユーザにおけるHL7 FHIRの取り組み事例のご紹介 15:15~15:45
  富士通株式会社 安藝 理彦 先生

【概要】
 富士通と電子カルテユーザの国立がん研究センター東病院におけるリアルワールドデータ活用に向けたHL7 FHIRの取り組み事例についてご紹介いたします。

2. IBMにおけるHL7 FHIRの取り組み事例のご紹介 15:45~16:15
  日本アイ・ビー・エム(株)デジタル・ニューワールド推進事業部 木村 雅彦 先生

【概要】
 IBMにおけるHL7 FHIRの取り組み事例についてご紹介いたします。電子カルテFHIRサーバーのアップデート、SS-MIX2の標準化ストレージをデータソースとするファサード型FHIRサーバー、医療DXなどでの活用事例を予定しています。

3. NECにおけるHL7 FHIRの取り組み事例のご紹介 16:15~16:45
  日本電気株式会社 医療ソリューション事業部門 矢原 潤一 先生

【概要】
 NECにおけるHL7 FHIRの取り組み事例についてご紹介いたします。医療情報銀行を中心とするPHR試行におけるHL7FHIR活用事例をご紹介いたします。

4. ホスピタルショウにおけるHL7 FHIR紹介状連携デモ 16:45~17:15
  日本HL7協会会長 浜松医科大学教授 木村 通男

【概要】
 2022年7月に開催された国際モダンホスピタルショウにおいて、HL7 FHIRを採用した紹介状の連携デモが行われました。デモの内容についてご紹介いたします。

■ 本セミナーは第42回医療情報学連合大会内でのセミナーとなり、大会参加者のみが参加可能です。セミナーは現地開催(セミナー会場)Web配信のハイブリッド方式で開催します。申込はどちらか1つをお選びください。それぞれ申込のURLや申込期限が異なりますのでご注意ください。
なお、Web参加方法等の詳細は大会からの案内に従って下さい。

参加費: 無料(但し第42回医療情報学連合大会の参加登録が必要です
参加申込方法:

現地開催(セミナー会場)をお申込みの場合:
http://www.hl7.jp/seminar_entry/00211 の申込みフォームから氏名、所属/会社名、会員番号(会員の場合)、その他必要事項をご記入の上、11月12日までにお申込み下さい。定員(100名)になり次第締切らせていただきます。

Web配信(Webinar)をお申込みの場合:
http://www.hl7.jp/seminar_entry/00212 の申込みフォームから氏名、所属/会社名、会員番号(会員の場合)、その他必要事項をご記入の上、11月7日までにお申込み下さい。

医療情報技師ポイント: 1ポイント(予定)。技師ポイントは当方より医療情報技師育成部会へ申請致します。技師ポイントを申請される方は現地開催の場合は当日会場で配布する要領に基づき手続きをお願いします。
Web参加の方はセミナー終了後、参加された方に当方よりメールで要領を案内いたします。
なお、Web参加の場合は必ず上記申込で登録いただいたメールアドレスと同一のメールアドレスでWeb参加をお願いします。同一でない場合は技師ポイントを申請できませんのでご注意ください。

[事務局および連絡先]

〒105-0004 東京都港区新橋2丁目5-5 (新橋2丁目MTビル5F)
保健医療福祉情報システム工業会内 日本HL7協会事務局 担当 柘植/蛯名

E-mail: office@hl7.jp http://www.hl7.jp
TEL (03)3506-8010 FAX (03)3506-8070

ページの先頭へ戻る